集金徴収・債権回収 利用シーン

クラウド型集金徴収・債権回収業向け業務管理システム | 集金徴収・債権回収業を迅速な情報共有と対応報告を厳守する仕組みで業務改善

業務指示

担当者がどこにいても簡単に指示を出すことが出来る。

外に出ずっぱりの担当者へ指示を出す手段としては、電話かメールになっていることが多いと思います。しかし、電話をかけるというのは、実際、何度かけてもつながらなかったという場合も多く、意外に時間のかかることです。さらにメールでは正しく指示内容が伝わっているかどうか心配でもあります。いずれにしても具体的な指示や確認事項を何度も連絡するような手間は省きたいものです。
Tracking@Jobでは、各案件ごとに誰がどんな作業をするのか簡単に登録することが出来ます。登録した情報は各案件の担当者に自動敵に的確な指示内容として伝わります。担当者が指示内容に沿って業務を行ったら、その報告はリアルタイムに管理者に伝わり、いつでも閲覧し、結果を分析することが出来るようになります。

簡単に指示から報告の確認まで行うことが出来る。

お問い合わせ
無料トライアル

現地調査

調査結果の入力から報告までを現地で行うことが出来る

訪問の前段階で集金や債権回収の対象者の調査を行うことがあるかと思います。また、調査では、郵便ポストの状態や電気メーターの変化などの客観的な要素から居住の有無を判断することもあると思います。そういった確認すべき調査要素を写真撮影して社内に戻ってから各案件とひもづけるといった作業を行うのは非常に手間がかかるでしょう。また、日に何件も訪問する担当者は、場所を確認するだけでも大変です。
Tracking@Jobをご活用頂ければ、後から撮影写真と報告内容をひもづけるような無駄で面倒な作業が全く不要となり、現地のその場で、そして、その時点ですぐに報告を完了することができます。スマホやタブレットのカメラ機能で撮影した写真が該当の案件や指示された作業と自動的にひもづいて実施報告がされるので、どれがどの写真だったのかといったことを後から整理しなおす必要はありません。また、それぞの案件場所を地図表示することも出来るので、場所を調べてから出発するといった手間も必要なくなります。

報告は現地で行い、場所は地図上で把握する。

お問い合わせ
無料トライアル

訪問業務

訪問状況を把握して、指示や相談によって適切な対応を行う

集金徴収・債権回収業務において、最も確実に回収できる方法は、実際に債権者に会って直接交渉することだと思います。しかし、なかなか一筋縄ではいかない債権者も多く、実際にはスムーズには進まないというのが現状ではないでしょうか。経験の浅い担当者ではその場でしっかりと応対できないことも多く、身近に相談できる相手がいないと適切な対処が難しいといったこともあります。
Tracking@Jobでは、訪問の都度、詳細な作業実施状況を報告し、それをリアルタイムで把握できる仕組みを基本とし、さらにはチャット機能を活用することで協力にこれをサポートします。管理者の方は、訪問状況を確認して、次の訪問時の対応方法をチャットで指示することも出来るようになります。また、担当者から管理者に相談をして次の対応を決めることもできます。このように経験の浅い担当者でも、しっかりとした社内フォロー体制を確立することで、回収率の向上を実現できるのではないでしょうか。

対応状況をリアルタイムに把握して、チャットでフォローを行う。

お問い合わせ
無料トライアル

社内情報の共有

情報共有を迅速にして、ルール違反を防止する。

業界や社内で万が一、業務ルールの違反が発生した場合には、再発防止のためにも迅速に社内で共有しなくてはなりません。特に、訪問業務を行っている全担当者に、いち早く伝える必要があります。しかし、社外にいる担当者一人ひとりに個別に連絡するのは大変面倒な作業です。ゆえに後回しになってしまった、ということがあるのではないでしょうか。Tracking@Jobを使用すれば、お知らせとして様々な情報を発信することで、各担当者の端末から即座にそのお知らせを見ることができます。これからはもう何度もメールや電話をする必要はありません。また、お知らせはいつでも閲覧することが出来ますので、業務ルールをお知らせに載せることで社外でも確認することが出来るようになります。

画像を使用して分かりやすいお知らせを配信することが出来ます。

お問い合わせ
無料トライアル