バージョンアップ

バージョン2.1へのバージョンアップ

平素より弊社サービス「Tracking@Job」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

平成28年6月28日(火)夜間に、バージョン2.1へのバージョンアップ、および、サーバメンテナンスを実施致しますので、ご案内申し上げます。
作業中はサーバの再起動などでサービスが停止することがございますので、ご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆作業内容◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■作業予定日時

平成28年6月28日(火) 20:00 ~ 平成28年6月29日(水) 07:00

※作業状況によっては、メンテナンス時間を延長する可能性もございます。

■お客様側作業

バージョンアップ作業は弊社にて行いますので、お客様による作業はございません。

【※重要】
バージョン2.1より、各ユーザをグルーピングする所属グループの登録が必須となりました。
上部メニューの「管理者設定」>「所属グループ登録」からご登録ください。

グループ分けが不要のお客様は、お手数ですが、「全員」「全て」といった所属グループを登録の上、全スタッフをその所属グループ配下へ登録してください。お手数をお掛けしますが、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

■ご利用時の注意

バージョンアップ後のご利用では、ブラウザのキャッシュ機能によって画面の見え方(特に画像部分)が一部おかしくなることがございますので、そういった場合には一度「更新ボタン」を押して「ページの再読み込み」をするか、ブラウザのキャッシュ削除をお試しください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆バージョンアップ(Ver.2.1)の詳細◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<新機能>

1.管理対象と管理対象グループの新設とスケジュールカレンダー新設

・継続管理すべき「管理対象」とそのまとまり「管理対象グループ」を新設し、各案件をひもづけられるようにしました
※継続的に管理する対象となるヒトやモノ、例えば、顧客、取引先企業、店舗、建物施設、設備や機器、レンタル物品などを想定
※管理対象と案件が1対1になる業務もあるが、ある対象に対して継続的に案件が発生したり、定期作業を繰り返す場合など1対多になるケースでの情報管理強化が目的
・管理対象を縦軸としたスケジュールカレンダーを新設し、担当者の切り口ではなく、管理対象ごとにToDo登録、作業管理ができるようにしました
・管理対象台帳(店舗・設備・機器台帳)を新設し、台帳から案件登録、ToDo登録と順に登録できるようになりました
・スケジュールカレンダーの表示を管理対象グループごとに絞り込んで表示できるようになりました

2.管理対象ごとの課題・障害管理とPDF文書保存
  
・管理対象ごとに発生した課題や障害についてステータスを含め管理できるようになりました
・管理対象ごとにPDF文書を複数ファイル登録できるようになりました
※保守契約書や設計書類、技術書類などを想定
・上記は、Webモバイルアプリ側から参照可能となりました

<既存機能の改善>

1.マスタの登録・編集方法の改善

・現状、分類やToDoマスタの新規登録や編集などそれぞれに分かれているメニューを「標準作業マスタ登録」一つに統合し、大分類>小分類>ToDoの全体表形式ビューから新規登録・編集・削除ができるユーザインタフェースに改善しました
・その他のマスタも原則、全体表形式ビューから新規登録・編集・削除ができるユーザインタフェースに改善しました

2.案件-ToDoの登録・編集方法の改善

・案件一覧の全体表形式ビューから案件の新規登録・編集・削除、ToDoの新規登録・編集・削除ができるユーザインタフェースに改善しました

3.所属グループの新設

・所属グループを新設し、ユーザ登録時に各人に複数(兼務)の所属グループを設定できるようになりました
・スケジュールカレンダーの表示を所属グループごとに絞り込んで表示できるようになりました

4.ToDoマスタによる作業に応じたコントロール機能を強化

・ToDoマスタ設定で、「□予定工数を設定しない」チェックボックスを設ける、その場合にはWebアプリ実施報告画面での実績工数の入力欄を表示しないようにしました
・ToDoマスタ設定で、「□チェックリストに表示しない」チェックボックスを設ける、その場合にはWebアプリチェック全体確認画面には表示されず、拡張入力項目だけが点検表に表示されるようにしました
・拡張チェック設定で、「□予定値なし」チェックボックスを設ける、その場合、Webアプリ側の予定入力欄(数値、選択肢、テキスト)は表示されず、予定値なしの表示もされないようにしました
・拡張チェック設定で、数値項目の閾値以外に、数値、選択肢、テキストすべてに「□不一致アラート」チェックボックスを設ける、その場合、予定値と不一致の際にはアラートとして抽出されるように条件追加しました

以上

ページトップへ