バージョンアップ

バージョン2.0へのバージョンアップ

平素より弊社サービス「Tracking@Job」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

3月28日(月)夜間に、バージョン2.0へのバージョンアップ、および、サーバメンテナンスを実施する
こととなりましたので、ご案内致します。

作業中は、サーバの再起動などでサービスが停止することがございますので、ご了承のほど、
何卒よろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆作業内容◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■作業予定日時

平成28年3月28日(月) 21:00 ~ 平成28年3月29日(火) 07:00

※作業状況によっては、メンテナンス時間を延長する可能性もございます。

■お客様側作業

作業は弊社にて行いますので、お客様による作業はございません。

■ご利用時の注意
バージョンアップ後のご利用では、ブラウザのキャッシュ機能によって画面の見え方(特に画像部分)
が一部おかしくなることがございますので、そういった場合には一度「更新ボタン」を押して
「ページの再読み込み」をするか、ブラウザのキャッシュ削除をお試しください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆バージョンアップ(Ver.2.0)の詳細◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<管理システム側>

1.担当別スケジュール週カレンダー
< 共通>
    ・上部メニューの管理者設定>ユーザー編集・削除にて各社員の並び順を変えることで、
     カレンダーの各社員の並び順を変えることができます
    ・担当者名欄のアイコンにより電話番号表示、メールフォーム遷移、日時カレンダーの表示
     ができ、メールは社員マスタに登録されているアドレス宛に送信できます
     (送信元はログインユーザ管理者のアドレス)
    ・カレンダー上の各ToDoをドラッグアンドドロップして実施予定日と作業担当者を自動変更
     できます

1-1.全体タブ
    ・カレンダーから直接、ToDoの登録指示ができます
     -標準工程ToDoマスタから選んでToDo登録指示できます
     -マスタ登録していない作業は規定外ToDoとして登録指示できます
    ・未実施作業は濃い青色(日をまたぐToDoは青紫色)、実施済み作業は薄い青色になります
     実施済みで閾値超えアラートのある作業には!アイコンが表示されます

  1-2.未確認の作業報告タブ
    ・各作業の「報告内容確認チェックアイコン」を押して報告詳細(写真付き)を表示して
     結果を確認の上、、確認ボタンを押すと確認者(ログインユーザ)と確認日時を記録
     して確認済みのステータスとなり、その作業は画面上から消えます
    ・表示している週の前週、翌週に未確認の作業報告が残っている場合には、
     前< <と>>翌の部分に「未確認作業あり」の!アイコンが表示されます
    ・上部メニューの管理者設定>システム設定の作業報告確認で実施方法を選択できます
     -「作業報告のチェック機能は使わない」を選択
         →「未確認の作業報告」タブ自体が表示されません
     -「閾値超えの作業のみチェックする」を選択
         →閾値超えの作業報告のみ表示され、消込みできます
     -「すべての作業をチェックする」を選択
         →すべての作業報告が表示され、消込みできます
    ・チェック機能を使い始める際には過去に実施されたToDoが未確認状態となりますので、
     カレンダーの最下部の『前週以前の全てのToDoを確認済みにする』ボタンを押して、
     過去のToDoをすべて確認済みにしたうえで使い始めることができます。

  1-3.遅延作業タブ
    ・期限を過ぎていて、まだ完了報告のない作業が表示されます
    ・表示している週の前週、翌週に遅延作業が存在している場合には、前< <と>>翌の部分に
    「遅延作業あり」の!アイコンが表示されます
  

2.担当別スケジュール日カレンダー
    ・カレンダーから直接、ToDoの登録指示ができます
    ・上部メニューの管理者設定>システム設定の分間隔の設定によってスケジュールの分刻み
     が変わります
    ・上部メニューの管理者設定>システム設定の日時カレンダーの開始・終了時間でカレンダー
     で表示する時間帯を設定できます

3.上部メニューの管理者設定>祝日・休日設定
    ・祝日データ数年分を取得してカレンダーに反映できます
    ・会社としての休日を登録してカレンダーに反映できます
    ・各担当者の休みを登録してカレンダーに反映できます
     (時間指定での休み登録も可能)
 
 
4.規定外ToDoの指示と標準化
    ・週次カレンダーからマスターに登録されていないTODO(規定外ToDo)の登録指示ができ、
     その登録時「分類内容」項目にフリーテキスト入力できます
    ・登録された規定外ToDoの全ては、
     上部メニューの案件-ToDo登録>標準工程登録>ToDoマスタ編集・削除の規定外ToDoタブ
     で上記「分類内容」毎にまとまって表示されます
     分類内容ごとに標準化を検討し、規定外ToDoをコピーして、大分類>小分類を設定の上、
     標準作業としてマスタ登録できます

<Webアプリ側>  

  WebアプリTOP画面
    ・各自、今日を先頭に1週間分のスケジュールで自分の担当ToDoが表示され、その各ToDoから
     チェックリスト画面へ直接遷移できます
     (ToDoの色は管理システムカレンダーと同様)
    ・全体のToDo状況を確認する場合には、TOP上部メニュー「一覧表示」ボタンをタップして、
     従来の一覧メニューへ遷移できます
    ・開始日時・終了日時が指定されていない作業指示がある場合には、
     上部に「計画未入力あり(XX件)」が表示され、タップすると該当ToDoが表示されます
    ・終了日時をすぎて完了報告していない作業がある場合には、
     上部に「遅延作業あり(XX件)」が表示され、タップすると該当ToDoが表示されます

ページトップへ